おおきこどもBLOG

2013.01.14更新

インフルエンザ特に現在はA香港型が流行しております。

「うちの子はワクチンを打ったのに罹ってしまったweep
「だったら、ワクチンしなければよかったangry
などとお叱りをうけることが多々ございます。

そこで、インフルエンザワクチンについて触れたいと思います。

予防効果はほかのワクチンと比べてそれほど高くなく、子どもの場合、A型では予防効果があるのは30~50%程度*で、B型や1歳未満ではさらに効果が低くなります。

しかし、インフルエンザワクチンは発病予防だけでなく、重症化予防として接種することをおすすめします。ワクチン接種によって発病や重症化が予防できるケースが多いようです。
2011年シーズンから、ワクチンの接種量が変更となり、WHO(世界保健機関)の標準量を接種することとなり、予防効果の向上が期待できます。

投稿者: おおきこどもクリニック


SEARCH



CATEGORY

  • おおきこどもクリニック オフィシャルブログ おおきこどもBLOG
  • Facebook
  • インターネット予約はこちら