おおきこどもBLOG

2018.05.23更新

 まもなく梅雨の時期を迎えます。スギ・ヒノキ花粉症の方は、ようやく飛散が終わってほっとしている時期かと思います。そこで、朗報です!!
 スギ花粉症に対するアレルゲン免疫療法薬「シダキュア スギ花粉舌下錠」が、2018 年 6 月下旬(予定)より販売開始すると発表がありました。花粉症に治療は抗ヒスタミン薬の内服や点眼、点鼻などにより症状をできるだけ症状を抑える対症療法が中心ですが、舌下免疫療法は花粉症の根治を期待できる数少ない治療法のひとつです。2014年から保険適用になり、すでに「シダトレン スギ花粉舌下液」による治療は、当院でも多くの患者様に施行しており、大きな効果を得ています。
 今回発売が決まった「シダキュア」は、上記の「シダトレン」と同様にスギ花粉アレルゲンが含まれたものですが、液状ではなく「舌下錠(舌の下に入れると溶ける)」タイプになります。シダトレンはアレルゲンエキスの含有量が2000JAUだったのに対して、シダキュアでは錠剤として製造することで5000JAUと高力価を実現することが可能となりました。さらにシダトレンの対象年齢は12歳以上でしたが、シダキュアは12歳未満の小児にも適用可能です。メーカーが行った臨床試験では5歳以上を対象にしていましたが、国から承認が下りた対象年齢に下限はありません。その子が舌の下に錠剤を服用する行為ができれば、可能です(とはいえ、現実的には小学生以上ということになるでしょうか)。これらの治療は、スギ飛散時期(1月から5月)は新規に開始できないため、今期に治療は始めるなら、今月から12月までということになります。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

投稿者: おおきこどもクリニック

  • おおきこどもクリニック オフィシャルブログ おおきこどもBLOG
  • Facebook
  • インターネット予約はこちら